もっと見る

最大接続数をバカみたいに広げ、Shared_Bufferサイズをアホみたいに上げたところこんなプロセス分布になっている。

新たに購入(というか、品質的に新しいのにしろという指令を受けた)したUPSがこちらの2台。

で、適当に自分の顔写真をいじくってみたらこんなことになった。

そんな言うほどたいしたことない代物でも自宅エンタープライズって出来るもんだよと言うのを示した図。本当にこれしかないのよ、サーバ周りって。

今回リバースプロキシを試そうとしてたまたま冗長構成になった我が家のインスタンス。

新旧ノートPCである。
3年ぶりにPC新潮であるが、当然のごとく中古ベース、しかもジャンクのサンコイチPCである。

それでもこれまで結構リソースはカツカツだったので、空きは16GB位にしかならんのだろうなーとおもったりもする<メモリ

PowerDNS Recursor にクエリ状況が見れるGUIがあることを初めて知った。(いまさらか)
これ結構便利だ。

10GbEのありがたみを痛感するグラフ。やっぱストレージにこれ使うと性能上がって嬉しいわ。

やっと動き出した・・と言いたいが、もうここが限界。明日以降なんか触ってみるかのぅ

なんとかある程度メモリを増やせた。32GB増強できたのならまぁいいかなぁ・・・
逆にあとから着荷したNC522はお亡くなりになってた・・・Orz

これに対して、CPUリソースをパフォーマンス優先にし、TurboBoost効かせたところこんな風に変わる。
CPUリソース使用量は4.8GHzまで上昇。UnityVSAってCPU使用するんだねー・・

スレッドを表示

面白いなーと思ったのが、Load Averageが最終的には90に到達して、最後のプロセスを起動する段階でCPU処理が追い付かずにダウーンってな感じに
この時のCPUリソース使用量の上限が4.1GHzほど

もっと見る
localYouserのPrivate Server / interact.bluecore.net

ちょっと立ち寄って、語り合って、笑い合ってええじゃないか そんなマイクロブログ形式のSNSです